科学INFO_科学用語説明

       
  • ノーコードとは
    ノーコードとは、ソースコードの記述をせずにWebサービスやアプリなどのソフトウェアを開発できるサービスを指します。 一般的に、Webサービスを開発するには、プログラミング言語を使用してソースコードを書く必要があります。しかし、ノーコードでは利用者がソースコードを記述する必要はありません。そのため、これまで必須とされていたプログラミング言語などのITスキルや知識を持たない非エンジニアでも、Webサービス開発を可能にしたもの。
    投稿日:2022年10月31日
  • トヨタが特許数首位の全固体電池とは?
    トヨタが特許数首位の全固体電池とは?
    投稿日:2022年07月07日
  • メタバースとは 国内でも参入相次ぐ
    メタバースとは
    投稿日:2022年05月25日
  • 合成開口レーダー(SAR)とは 悪天候でも観測精度高く
    合成開口レーダー(SAR)とは 悪天候でも観測精度高く
    投稿日:2022年03月18日
  • 次世代ミサイル迎撃技術「レールガン」とは?
    次世代ミサイル迎撃技術「レールガン」とは?
    投稿日:2022年01月05日
  • ハプティクスとは
    ハプティクス(英: haptics)とは、利用者に力、振動、動きなどを与えることで皮膚感覚フィードバックを得るテクノロジーである[1]。触覚技術(英: haptic technology)とも。そのような機械的刺激をコンピュータシミュレーション内で仮想オブジェクトを作る補助として使うことができ、仮想オブジェクトを制御したり、機械などの遠隔制御(テレロボティクス)を強化したりできる。「視覚におけるコンピュータグラフィックスと同じ役割を皮膚感覚で果たす」と説明されてきた[2]。ハプティクスを応用したデバイスは、そのインタフェース上にユーザーが与える力を計測するセンサを組み込んでいることもある。
    投稿日:2021年12月24日
  • ラニーニャ現象
    ラニーニャ現象とは、太平洋赤道域の日付変更線付近から南米沿岸にかけて海面水温が平年より低い状態が続く現象です。ラニーニャ現象が発生している時は、東風が通常時よりも強くなり、西部に暖かい海水がより蓄積します。ラニーニャ現象は、日本の天候に様々な影響を及ぼします。 2020年の冬は厳しい冬になりそう
    投稿日:2021年10月08日
  • GABAとは
    発芽玄米や野菜、発酵食品などに含まれるGABA(ギャバ)には様々なメリットが! 最近、目にすることが多くなったGABA(ギャバ)。正式名称がγ(ガンマ)-アミノ酪酸というアミノ酸の一種で、もともと動物から植物まで幅広く自然界に存在している成分です。 この身近な成分GABAには、人の興奮を抑えるはたらきがあり、血圧降下や抗ストレスなど、体にいろいろな好結果をもたらしてくれます。 GABAは、血管を収縮させる作用のある神経伝達物質ノルアドレナリンの分泌を抑えて、血管の収縮を和らげ、血の流れをよくして、「血圧が高め」の人の血圧を下げてくれます。そのため、GABAを配合した食品に注目が集まるようになりました。
    投稿日:2021年09月16日
  • 境界型(ゼロトラスト以前の考え方)
    従来のセキュリティ対策は、信頼できる「内側」と信頼できない「外側」にネットワークを分け、その境界線で対策を講じるというものでした。内側は社内LANやVPNで接続されたデータセンターなどが、外側はインターネットが該当します。その境界線にファイアウォールやプロキシー、IDS/IPSなどのセキュリティ機器を設置し、通信の監視や制御を行うことで外部からのサイバー攻撃を遮断する考え方です。
    投稿日:2021年08月27日
  • ゼロトラストとは
    ゼロトラストとは「何も信頼しない」を前提に対策を講じるセキュリティの考え方です。 すべての通信を信頼しないことを前提に、さまざまなセキュリティ対策を講じていきます。具体的には、ネットワークの内外に関わらない通信経路の暗号化や多要素認証の利用などによるユーザー認証の強化、ネットワークやそれに接続される各種デバイスの統合的なログ監視などが挙げられます。
    投稿日:2021年08月27日
  • メタネーションとは
    水素と二酸化炭素(CO2)を原料としたメタン合成の呼称であり、将来の都市ガスの脱炭素化に向けた有望な技術の1つと位置付けられています。CO2フリー水素とCO2を利用した合成メタンから都市ガスを製造することで、ガス利用機器も含めた既存の都市ガスインフラ・機器を有効活用でき、追加的な社会コストを抑制しつつ、都市ガスの脱炭素化を達成できます。
    投稿日:2021年08月20日
  • エッジAIとは
    従来のAIにおいてクラウド側で行っていた予測をエッジデバイス側で行うようにしたAIを、エッジAIと呼びます。この仕組みにおいては、クラウド側のAIで学習した結果として生成される学習モデルをエッジ側に置くことにより、予測のみをエッジ側で処理することができます。 予測をエッジ側で行うことにより、従来のAIにおける通信遅れなどの問題を解消することができます。例えばAIを機械の制御に用いるケースにおいては、予測をエッジ側で行うことができれば、予測から制御のプロセスにおいては通信が介在しないため、通信遅れが問題になることはありません。 このようなエッジAIを活用することにより、より末端の機器(エンドポイント)側でデータ処理を行い、産業用機械や自動運転車などに必要とされるリアルタイム性を確保することができます。 しかしクラウド側でデータの学習を行うため、セキュリティ上の問題でクラウドにデータを上げたくないといったニーズに対しては課題が残ります。またデータの学習を行ってから学習モデルをエッジ側に生成する際には通信が必要とされるため、学習から予測までを完結してリアルタイムに行うことはできません。
    投稿日:2021年07月30日
  • ピクトグラムって何?
    ピクトグラムって何?
    投稿日:2021年07月29日
  • mRNAとは
    伝令RNA(でんれいRNA、メッセンジャーRNA、英語:messenger RNA)は、蛋白質に翻訳され得る塩基配列情報と構造を持ったRNAのことであり、通常mRNAと表記される。DNAに比べてその長さは短い。DNAからコピーした遺伝情報を担っており、その遺伝情報は、特定のアミノ酸に対応するコドンと呼ばれる3塩基配列という形になっている。
    投稿日:2021年06月15日
  • CDNとは
    CDNとは
    投稿日:2021年06月10日
  • GPT-3とは
    GPT-3(Generative Pre-Training3)はOpenAI(人工知能研究所)が作った言語AIの名前です。 GPT-3についてですが、OpenAIが開発している言語モデルの最新版です。3とついているところからもわかるようにシリーズ化されており、今回の奴はバージョン3です。
    投稿日:2021年05月28日
  • Cookie(クッキー)とは
    Cookie(クッキー)とは、ホームページを訪問したユーザーの情報を一時的の保存する仕組み、またはそのデータです。ID、パスワード、メールアドレス、訪問回数などがユーザー情報として保存されます。これによって再訪問したときにユーザーを特定し、情報を入力する手間が省けます。 ショッピングサイトに訪問したとき、すでにログイン状態になっている、以前カートに入れた商品がそのまま残っているのは、Cookie機能がはたらいているからです。
    投稿日:2021年05月21日
  • CACHE(キャッシュ)とは
    キャッシュとは、データを一時的に保存することで、データの処理速度を速める考え方、仕組みのこと。何度も繰り返し利用するデータを読み込み速度の早い記憶装置に保存したり、それらを物理的に近くに置くことで処理速度を上げることができる。 用語の用例:キャッシュデータ、キャッシュファイル、キャッシュメモリ、キャッシュサーバ、1次キャッシュ インターネットブラウザで一度読み込んだ画像データなどをキャッシュファイルとして、ブラウザが利用するメモリに一時保存することで、表示を早くする方法として利用されている。画像データがメモリにあることで、インターネット上のWebサーバからデータが送信されるまで待つ必要がなくなる。
    投稿日:2021年05月21日
  • IDFAとは
    モバイルマーケティング用語 IDFA (Identifier for Advertisers) は、Appleがユーザーの端末にランダムに割り当てるデバイスIDです。広告主はこのIDを使ってユーザーの広告エンゲージメント 、アプリ内のユーザー行動を計測することで、カスタマイズした広告を配信することができます。IDFAは(個人情報を明らかにすることなく)ユーザーの計測と識別に使用されます。 集約データは、ユーザーが行ったアプリ内イベントを特定するのに使用されます。IDFAを使ってユーザーの広告キャンペーンへのエンゲージメントを分析し、特定のユーザーが支払いやアトリビューションを目的として広告をクリックしたかどうかを確認できます。
    投稿日:2021年04月16日
  • 車載半導体
    車載半導体
    投稿日:2021年03月31日
  • 水素製造とは 大部分は天然ガス由来
    水素製造とは 大部分は天然ガス由来
    投稿日:2021年02月26日
  • DAC
    DACとは、Direct Air Capture の略 CO2を大気中から直接抜き取るための技術です。 空気中にはCO2以外にも酸素や窒素など、多様な気体が含まれています。気体同士を分離して抜き取るというのは、一体どうすればできるのでしょうか。 実はDACの原理自体はごくシンプルなもの。大まかに言えば外の空気を扇風機で吸い上げ、二酸化炭素だけを吸着する薬剤を含ませたフィルターでこしとるのです。 フィルターを通った後の空気はCO2が取り除かれた状態なので、あとは外に戻せばOK。フィルターで吸着したCO2はその後、大気中に流れ出ないよう閉鎖された場所でフィルターから離され貯蔵されます。 大気中のCO2濃度を直接減らすことができる技術は他にもありますが、水の使用量や必要な土地の広さなど、他のものに比べて優位に立てる点があると期待されています。
    投稿日:2021年02月01日
  • デジタルフォレンジック
    情報端末やネットワーク上に残された電子記録を読み取る技術。企業内の不正行為をあぶり出したり、外部からのサイバー攻撃の手口を特定したりするために使われる。
    投稿日:2020年05月15日
  • 5G
    5Gとは正式名称を第5世代移動通信システムといい、「5th Generation」の略称。 4G(LTE)の次世代規格と位置づけられ、最高速度は10Gbps以上の速度を誇る。 一説では最大理論値で20Gbpsに達するとも言われ、現行規格の4G(LTE)との比較で約1000倍に達するのではないか?という見解も見解もある次世代の通信システム。 また、5Gが発するミリメーター波(MMW)はアメリカの国防総省が軍事用に開発したもので浴びると人体への影響が懸念されている。
    投稿日:2020年05月11日
  • デジタルツイン
    工場や製品などに関わる物理世界の出来事を、そっくりそのままデジタル上にリアルタイムに再現するという意味。実際に製造する工場や出荷する製品を、システム上にあたかも双子のように現実世界を模したシミュレーション空間を構築し、現実の工場の制御と管理を容易にする手法。次世代のものづくりにおける重要なコンセプトであり、インダストリアル4.0を支える重要な技術とされている。
    投稿日:2020年05月11日

top