科学INFO_科学用語説明

       
  • デジタルフォレンジック
    情報端末やネットワーク上に残された電子記録を読み取る技術。企業内の不正行為をあぶり出したり、外部からのサイバー攻撃の手口を特定したりするために使われる。
    投稿日:2020年05月15日
  • 5G
    5Gとは正式名称を第5世代移動通信システムといい、「5th Generation」の略称。 4G(LTE)の次世代規格と位置づけられ、最高速度は10Gbps以上の速度を誇る。 一説では最大理論値で20Gbpsに達するとも言われ、現行規格の4G(LTE)との比較で約1000倍に達するのではないか?という見解も見解もある次世代の通信システム。 また、5Gが発するミリメーター波(MMW)はアメリカの国防総省が軍事用に開発したもので浴びると人体への影響が懸念されている。
    投稿日:2020年05月11日
  • デジタルツイン
    工場や製品などに関わる物理世界の出来事を、そっくりそのままデジタル上にリアルタイムに再現するという意味。実際に製造する工場や出荷する製品を、システム上にあたかも双子のように現実世界を模したシミュレーション空間を構築し、現実の工場の制御と管理を容易にする手法。次世代のものづくりにおける重要なコンセプトであり、インダストリアル4.0を支える重要な技術とされている。
    投稿日:2020年05月11日

top