社会INFO_金融用語説明

       
  • エレファントカーブ
    2012年に経済学者のブランコ・ミラノヴィッチが示した「エレファント・カーブ」は、世界の格差に関する現状を象徴的に示すものとして、大きな話題を呼んだ。1988年から2008年までの20年間で、先進国の高所得者層と、新興国・途上国の中間層の所得が大幅に上昇している一方で、先進国の中所得者層は、所得を減少させているというものであった。このグラフの形があたかも鼻を上げた象の姿のように見えるため、「エレファント・カーブ」と呼ばれている。 エレファントカーブ
    投稿日:2020年10月27日
  • ランサムウエア
    ランサムウェア(Ransomware)とは、「Ransom(身代金)」と「Software(ソフトウェア)」を組み合わせて作られた名称であり、コンピュータウィルスの一種。  このウィルスに感染するとパソコン内に保存しているデータを勝手に暗号化されて使えない状態になったり、スマートフォンが操作不能になったりしてしまう。また、感染した端末の中のファイルが暗号化されるのみではなく、その端末と接続された別のストレージも暗号化される場合もある。そして、その制限を解除するための身代金を要求する画面を表示させるというウイルスである。
    投稿日:2020年06月11日
  • クラウドファンディング
    群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語であり、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを意味する。 資金力の乏しい個人や中小企業、大企業のテストマーケティングにも活用、商品などの見返りがある「購入型」、資金の対価がない「寄付型」、他「貸付型」がある。
    投稿日:2020年05月22日
  • D2C
    ”消費者に対して商品を直接的に販売する仕組み”のことを指す。すなわち、自社で企画・製造した商品を、ECサイトなどの自社チャネルで販売するモデルのこと。 自社サイトやSNS(交流サイト)を通じて顧客と直接接点を持ち続け、ブランド構築や商品開発に顧客の意見を反映する。
    投稿日:2020年05月22日
  • ESG投資
    ESGとは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字を取ったもの。今日、企業の長期的な成長のためには、ESGが示す3つの観点が必要だという考え方が世界的に広まってきている。一方、ESGの観点が薄い企業は、大きなリスクを抱えた企業であり、長期的な成長ができない企業だということを意味する。
    投稿日:2020年05月20日
  • BtoB
    企業間の商取引、あるいは企業が企業向けに行う事業のこと。企業間の物品の売買やサービスの提供、企業と金融機関との取引などがこれに含まれる。企業向け事業が主体の企業のことをB to B企業ということがある。
    投稿日:2020年05月20日

top