Category : 科学用語説明


車載半導体

       

車載半導体


水素製造とは 大部分は天然ガス由来

       

水素製造とは 大部分は天然ガス由来


DAC

       

DACとは、Direct Air Capture の略 CO2を大気中から直接抜き取るための技術です。

空気中にはCO2以外にも酸素や窒素など、多様な気体が含まれています。気体同士を分離して抜き取るというのは、一体どうすればできるのでしょうか。

実はDACの原理自体はごくシンプルなもの。大まかに言えば外の空気を扇風機で吸い上げ、二酸化炭素だけを吸着する薬剤を含ませたフィルターでこしとるのです。

フィルターを通った後の空気はCO2が取り除かれた状態なので、あとは外に戻せばOK。フィルターで吸着したCO2はその後、大気中に流れ出ないよう閉鎖された場所でフィルターから離され貯蔵されます。

大気中のCO2濃度を直接減らすことができる技術は他にもありますが、水の使用量や必要な土地の広さなど、他のものに比べて優位に立てる点があると期待されています。


ラニーニャ現象

       

ラニーニャ現象とは、太平洋赤道域の日付変更線付近から南米沿岸にかけて海面水温が平年より低い状態が続く現象です。ラニーニャ現象が発生している時は、東風が通常時よりも強くなり、西部に暖かい海水がより蓄積します。ラニーニャ現象は、日本の天候に様々な影響を及ぼします。
2020年の冬は厳しい冬になりそう


デジタルフォレンジック

       

情報端末やネットワーク上に残された電子記録を読み取る技術。企業内の不正行為をあぶり出したり、外部からのサイバー攻撃の手口を特定したりするために使われる。


top